スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2013年3月28日(木)

獣医事

<メニュー>   ☆ 獣医師法に基づく届出等 
             ☆ 飼育動物診療年報 
             ☆ 飼育動物診療施設(診療業務)の届出 
                                          
            

 獣医師法に基づく届出等

獣医師法第22条に基づく届出 → 詳細はこちら(農林水産省)
  獣医師の分布、就業状況、異動状況等を把握するため、獣医師の資格を有する者は仕事の種類にかかわらず、2年ごと(西暦の偶数年)の届出が義務付けられています。届出先は上川総合振興局となります。

(上川総合振興局農務課(0166-46-5964)へお問合せください。)

ページトップへ戻る 

 飼育動物診療年報
  

 「獣医療法施行細則(北海道規則第35号)第4条」の規定に基づき、動物診療施設の開設者は、毎年、1年間の診療状況について報告しなければなりません。

 この飼育動物診療年報は、本道の飼育動物の病傷、事故などの診療実態を把握するとともに、その結果を保健衛生の向上による家畜の損耗防止及び小動物、家畜、人への伝染性疾病の感染防止に資することを目的としています。

 報告に関する通知は上川総合振興局から行います。

(上川総合振興局農務課(0166-46-5964)へお問合せください。)

参考: 診療年報集計結果

ページトップへ戻る

 飼育動物診療施設開設(診療業務開始)等の届出
   

  飼育動物診療施設の開設、診療業務開始、届出事項の変更、休廃止をした場合は、10日以内に知事(上川総合振興局)に届出なければなりません。

 狂犬病予防法に規定する犬の抑留所、と畜場、保健所などは診療施設に該当しません。

 詳細は上川総合振興局農務課(0166-46-5964)へお問合せください。

届出様式につきましては、

http://www.kamikawa.pref.hokkaido.lg.jp/ss/num/nousei/sinsei.htm

を参考にしてください。

ページトップへ戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      

 

 

 

 
 

 
         MENU
       トップページ
伝染性疾病の情報
  口蹄疫
   鳥インフルエンザ
監視伝染病発生状況
家畜伝染病予防法
  飼養衛生管理基準
  定期報告書
防疫対策、要領
病性鑑定
   ヨ-ネ病自主検査
   種畜衛生検査
申請書等の様式
技術情報・広報
動物薬事
獣医事
畜産物の安全性対策
家畜を飼う際の留意事項
当所の紹介
  業務の概要
  組織・施設
  アクセス
リンク集
北海道の家畜保健衛生所

上川家畜保健衛生所

〒071-8154
旭川市東鷹栖
4線15号
TEL:0166-57-2232
FAX:0166-57-7626