スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 富良野地域保健室 >  結核医療費公費負担制度について


最終更新日:2015年6月23日(火)


結核医療費公費負担制度について


結核医療費公費負担制度について



一般医療(感染症法第37条の2)に係る公費負担

  1. 対象者
    下記に該当する方
    • 肺結核(他者に感染させるおそれのない方)
    • 肺外結核
    • 潜在性結核感染症

  2. 手続き方法
    公費負担を受けようとする方は、お住まいの地域にある保健所へ次の書類を提出してください。
    なお、公費負担の始期は原則として保健所が申請を受理した日になります。

    【必要書類】
    • 申請書及び診断書
    • 3ヶ月以内に撮影したエックス線フィル

  3. 内容
    結核医療に必要な費用の100分の95について、保険者と公費で負担し、本人の自己負担は5%に
    なります。
    また、生活保護の方は助成制度により自己負担がありません。


入院勧告(感染症法第37条)に係る公費負担

  1. 対象者
    下記の疾病に該当する方で、かつ、他者に結核を感染させる恐れのあると診断された方。
    • 肺結核

  2. 手続き方法
    公費負担を受けようとする方は、お住まいの地域にある保健所へ次の書類を提出してください。

    【必要書類】
    • 申請書及び診断書
    • 3ヶ月以内に撮影したエックス線フィルム
    • 自己負担額認定に必要な書類
      1. 戸籍謄本
      2. 住民票(世帯全員)
      3. 所得税額を証明する書類(平成22年に所得のあった方全員)
      4. 健康保険証写し
      5. 感染症法第37条に係る自己申告書

  3. 内容
    各種医療保険を適用された医療費の自己負担額を公費で負担します。
    ただし、世帯全員の総所得税額が147万円を超える方は、月額20,000円を限度として一部負担が
    あります。
    なお、自己負担額認定に必要な書類については、本人または家族の方に保健所職員から説明します。



【お問い合せ先】

富良野保健所(上川総合振興局保健環境部富良野地域保健室)
健康推進課 保健係
住所:〒076-0011富良野市末広町2番10号
電話:0167-23-3161



トップページへ戻る