スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 保健環境部 > 保健行政室 >  新規申請手続


最終更新日:2006年2月17日(金)


新規申請手続


営業許可申請(新規申請)の手続き

事前相談 ・施設の工事着工前に、施設の設計図等を持参の上、事前にご相談ください。
 業種ごとに定められた施設基準を満たしているかを確認します。
 また、申請書等必要用紙をお渡しします。
・井戸水等を使用する場合、滅菌装置を設置後に水質検査を受け、水質基準に適合していることが必要です。検査には1週間程度必要ですので余裕を持って検査を受けてください。
申請手続 ・申請手続は営業開始予定日の7日前までには申請するようにしてください。
・持参するもの
営業許可申請書
申請手数料(北海道収入証紙による)
印鑑(証紙の消印のために使います。サインでも可能です。)
営業用建築物の平面図
設備器具の調書及びその配置図
食品衛生責任者設置届
食品衛生責任者の資格を証明するもの(有資格者を必要とする場合)
登記簿謄本(法人で申請する場合)
水質検査成績書(井戸水等を使用する場合)
業種により他にも必要な書類があります。
 ○:必要なもの、△:場合により必要なもの(括弧内に必要な場合が記載されています。)
施設調査の
打合せ
・申請の際、施設の立入調査の日時を打合わせます。
 工事の進行状況やオープン予定日を担当者に連絡してください。
 
立入調査 ・調査の際は、営業者が立会ってください。
 なお、施設基準に適合しない場合は許可になりません。不適事項については改善し、再検査を受けなければなりません。
許可証交付 ・施設基準に適合することを確認後、その営業について許可します。
 許可証の交付には数日かかります。
営業開始 ・許可証受領後に営業を開始してください。また、許可証は施設に掲示してください。

食品関係営業の申請・届出のページへ戻る