スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2017年10月03日(火)


フロン排出抑制法


平成27年4月1日からフロン排出抑制法が施行されました

 

  業務用冷凍空調機器(第一種特定製品)に冷媒として使用されているフロン類の取扱いについて規制する「フロン回収・破壊法」が改正され、平成27年4月1日から「フロン排出抑制法」として施行されました。

 

  フロン排出抑制法では、地球温暖化とオゾン層破壊の原因となるフロン類(HFC、HCFC、CFC)を冷媒として使用している業務用冷凍冷蔵・空調機器の管理者(機器の所有者等)に対して、次のとおり機器及びフロン類の適切な管理が義務づけられました。

 

1 機器の設置に関する義務
・機器の適切な場所への設置

 

2 機器の使用に関する義務
・機器の点検の実施
・漏えい防止措置/未修理の機器への冷媒充填の禁止
・点検等の履歴の保存
・フロン類算定漏えい量の算定・報告

 

3 機器の廃棄等に関する義務
・機器廃棄時などのフロン類回収の徹底

 

  詳細につきましては、環境省ホームページ(http://www.env.go.jp/seisaku/list/ozone.html)をご覧ください。

なお北海道環境生活部環境局低炭素社会推進室では、フロン排出抑制法に関する関係資料の掲載を行っております(http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ks/tot/furon.htm)ので併せてご覧ください。

 

問い合わせ先   北海道上川総合振興局環境生活課(0166-46-5921)

           北海道環境生活部環境局低炭素社会推進室(011-204-5189)