スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 建設管理部 > 旭川建設管理部 >  花人街道 コンテンツ


最終更新日:2017年4月22日(土)


花人街道 コンテンツ




 上川地域は、大雪山国立公園の大自然の景観、農村の景観、季節の花々が広がるお花畑など、多くの観光施設や景勝地があり、全国的にも屈指の知名度を誇る、質の高い観光地です。

 (花人街道関連のリンクはこちら)



 人街道237は、国道237号に連なる旭川市・東神楽町・美瑛町・上富良野町・中富良野町・富良野市・南富良野町・占冠村が一緒に美しい景観づくりをすすめる中で生まれた、この地域の愛称で、地域の生活と産業に調和し、地域のみなさんと訪れる観光者のために、

  しんせつで
   わかりやすい
    みなさんが気持ちよく利用できるみちづくりをすすめます。
     地域のみなさんと一緒に...


美しい花人街道のために・・・

花人街道は 統一したデザインを用いた3つのルート で人々を迎えます。

● メインルート
 旭川市から占冠村、さらには日高町に至る観光と地域経済活動の主要道路としての役割を担います。

● アクセスルート
 メインルート、サブルートから地域の観光拠点を結び、観光拠点間を結ぶ道路網を形成します。

● サブルート
 メインルートを補完し、円滑な広域移動を道路利用者にご提供。メインルートからアクセスルート、地域の観光拠点を結びます。

2.統一したデザインでイメージアップをはかります。

★ シンボルマークを活用した道路案内によりイメージアップを図ります。
★ シンボルマークのカラーを各ルートのテーマカラーに統一します。
★ サイン・マップ・パンフレットの各ルート表示はテーマカラーを使用し、色彩的にわかりやすい案内にします。
  メインルートは  赤    (日塗工色票記号 Y05-50V 5R5/12)
  アクセスルートは 緑    (日塗工色票記号 Y45-50T 5G5/10)
  サブルートは   紫    (日塗工色票記号 Y82-40T 2
.5P4/10)


道路標識が親切になります!

例えば・・・・

道路案内標識の改善・整備します

 このような標識 矢印や距離感が分かれていてわかりにくい標識 を 改善して 距離感・方向がわかりやすい標識にします にしたりします。


シンボルマークでイメージアップをします

 メインルートの国道及び一部道道沿線の道路案内標識の裏面にシンボルマークを表示します。裏側が見える標識にシンボルマークを入れます


適材適所の情報提供を展開します
   こちらは市街地型の案内板です こちらは郊外型の案内板です道路利用者に目的地や観光施設を表示し、案内性を向上します。


3つのルートを補助標識でご案内します

     
現在ある標識につけたして表示します。

つけたして・・・・




より快適、より安全、より美しいみちづくりをめざして・・・


 情報提供拠点施設や道路の整備などいろいろなプランがあります
 より機能的で、しんせつな花人街道を目指して実施主体や関係者による綿密な協議と計画づくりが進められています。

●圏域拠点施設の活用と整備
 「道の駅」や駐車公園などを活用・新設し、移動や観光に関する広域的な各種情報を提供。安全快適な道路利用と観光活動を支援します。

●市町村拠点施設の整備
 花人街道237の市町村拠点施設を各1ヶ所程度設置。市町村の細かい観光情報を提供し、円滑な地域移動と充実した観光活動を支援。

●ボトルネック箇所の整備
 交通が集中するボトルネック箇所を重点的に整備し、円滑な交通流を確保します。

●駐車スペースの整備
 交通が集中して路上駐車が多いところに駐車スペースを整備し、安全な通行を確保。

●沿道景観形成
 国・北海道・市町村・地域の人たちが一体となって花人街道237の景観改善に取り組みます。

●信号機の改善整備
 全体整備に合わせて公安委員会と調整を図り、信号機の整備をします。

●各種情報システムの導入
 道路情報や観光情報をリアルタイムに提供するシステムの導入を進めます。


花人街道は参加型の地域づくりです


情報と心のこもったサービスで地域のイメージアップをはかります

    コンビニに掲示してみたり・・・ 
            コンビニの正面に貼ってわかりやすく


 臨時看板で情報をご提供したりします
    これは斜線誘導のサインです 
             待ち時間の表示もします



  
 国・北海道・市町村・企業・団体、そして市民のみなさんがパンフレット・マップなどを作る際には、花人街道237のルートの考え方・各ルートのテーマからによる表示・利用方法を載せていただいて、花人街道237と3つのルートの普及にご協力をお願いいたします。