スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2015年7月09日(木)

愛別ダムの紹介

Internet explorerをお使いの方へ

管理所よりのぞむダムとダム湖

管理所よりのぞむダムとダム湖

航空写真による愛別ダム全景(昭和62年3月完成)

航空写真による愛別ダム全景(昭和62年3月完成)

愛別ダムは昭和61年11月~昭和63年1月の試験湛水により、ダムの安全性、諸設備の機能を確認するとともに昭和62年4月より管理に入りました。

愛別ダムの概要

事業の概要

愛別ダムは石狩川水系狩布川の北海道上川郡愛別町協和地先に建設された多目的ダムです。

ダムは重力式コンクリートダムとして、高さ39.0m、総貯水容量9,500,000m3、有効貯水容量8,000,000m3で、洪水調節、流水の正常な機能の維持、水道用水及び工業用水の供給を目的としています。

愛別町を含め近隣町村における上水道用水の需要は年々増大しているものの、愛別川を含め近傍の河川は既にかんがい用水として大量に取水されているためこれに対応できないのが現状であり、水源確保といった役割からも愛別ダムの担う期待は多大なものであります。

流域の概要

愛別川は北海道上川郡愛別町天塩山塊を源とし、南下してマタルクシュ愛別川、狩布川、パンケ川の水を集め石狩川に合流する河川で、その流域面積は181.06km2、流路延長は22.5kmの一級河川です。

愛別川流域は北海道における最大の稲作地帯である上川盆地の東部、愛別町に位置し、その流域内の産業は稲作農業が主で、石狩川合流点付近は愛別町市街地となっています。

流域の気候は年平均気温6.1℃、年平均降水量1,100mmであり、大陸性気候を示し寒暖差が激しく、夏期には30℃前後となる一方、厳寒期には-35℃になることもあります。

愛別川沿岸は稲作用地として高度に利用・開発されており、その農業用水はこの河川に依存しています。

愛別ダムの諸元

愛別ダムの諸元は次の通りです。

ダム諸元

河川名 石狩川水系愛別川
ダム名 愛別ダム
位置 北海道上川郡愛別町協和地先
型式 重力式コンクリートダム
堤高 39m
堤頂長 370m
堤体積 155,000m3
非越流部標高 EL 288.0m

貯水池諸元

集水面積 41.8km2
湛水面積 1.0km2
総貯水容量 9,500,000m3
有効貯水容量 8,000,000m3
常時満水位 EL 277.9m
サーチャージ水位 EL 285.8m
設計洪水位 EL 287.0m
計画堆砂面 EL 271.7m
洪水調節容量 5,600,000m3
不特定容量 1,600,000m3
上水道容量 500,000m3
工業用水容量 300,000m3
ダム断面図

ダム断面図

ダム背面図

ダム背面図

愛別ダムの建設目的

洪水調節

ダム地点の計画高水流量460m3/sのうち430m3/sの洪水調節を行い、ダム地点下流の愛別川沿川の水害を防除します。

流水の正常な機能の維持

愛別川沿川のかんがい用水に不足が生じたとき、補給を行うとともに愛別川の日頃の流量を増加させて水の豊かな川にします。

水道用水及び工業用水

愛別町、上川町、当麻町、比布町及び鷹栖町に、水道用水として13,100m3/日(0.152m3/s)、また北海道中央部の工業用水として、8,000m3/日(0.093m3/s)の用水の供給を可能にし、将来の水不足に備えます。

アクセスマップ

上川総合振興局 旭川建設管理部 事業室 事業課

070-0023 北海道旭川市東3条5丁目1-44

TEL (0166)26-4461 FAX (0166)27-0271