スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 森林室 > 北部森林室 >  北部森林室入林手続き

上川の分類: 観光 > アウトドア・レジャー

最終更新日:2017年9月11日(月)


北部森林室入林手続き



道有林へ入林される皆様へ


 道有林野に入林される場合には、次の手続きを行ってください。

※狩猟による入林の方はこちらのページです


入林届  登山、釣り、山菜採り、森林浴等で道有林野へ入林される場合は、入林の際に北部森林室または無人入林届出箱にある入林届出簿に必要事項を記載して入林してくださるか、下記の様式に記載の上、北部森林室まで送付してください 無人入林届出所
無人入林届出箱
届出様式 一太郎形式はこちら ワード形式はこちら
 
入林承認  測量・調査や有害鳥獣駆除などのために道有林野へ入林される場合には、申請書を提出していただき、入林目的や期間、森林法など関係法令との関連等の内容を審査の上、入林承認証による承認を行っています。詳細については北部森林室までお問い合わせ下さい。
なお、それぞれに必要な書類がありますので、あらかじめ電話にてお問い合わせください。
エゾシカ
エゾシカ
申請書様式 一太郎形式はこちら ワード形式はこちら

            
  

無人航空機(ドロ-ン等)を飛行させる目的で道有林に入林する場合

「無人航空機の飛行実施申出書」添付が必要となりました。

無人航空機の飛行ル-ル

    申請書様式         一太郎形式はこちら        ワード形式はこちら

 道有林では、エゾシカの有害駆除や個体数調整等の銃による捕獲の受入を行っています。事故防止のため、入林の際には目立つ服装をすることや、看板類を設置することなどをお願いします。


ご注意!  道有林内の林道の多くは砂利道で、急勾配な場所や見通しの悪い場所もあります。また、作業道のため、乗用車での乗り入れが危険な箇所もあります。そのため、入り口にゲートやロープを張って立ち入りを制限しています。
 みなさんに気軽に森林に入ってもらうために開放している林道もありますが、車で通行する際にはスピードを落として安全運転を心がけてください。
ちょっとした不注意や油断から大きな事故が発生しますので、次のことに十分注意してください。
1 一人での入林はつつしみましょう。
2 目立つ服装を心がけましょう。
3 家族などに行き先と帰宅時間を伝えましょう。
4 笛・鈴・ラジオを持ちましょう。
5 タバコの投げ捨てや焚き火は絶対にやめましょう。
6 ゴミは必ず持ち帰りましょう。
 

 「山岳スキ-、冬山登山などで入林される方へ」

 冬季レジャ-シ-ズンのこの時期、毎年各地で山岳スキ-(バックカントリ-スキ-、

ロスカントリ-スキ-など)や冬山登山での痛ましい事故が発生しています。

 道有林を利用される場合には、次のことをもう一度確認してください。

 なお、道有林内では、スノ-モビルでの走行の自粛をお願いしております。

 ・ 入林の手続きを済ませましたか?

 ・ ご家族はあなたの行き先や帰宅時間を知っていますか?

 ・ 遠くから見ても目立つ色の服装(蛍光色のジャンバ-など)をしていますか?

 ・ 非常食、携帯電話やラジオ、笛などの音の出るものは用意していますか ?

 ・ 危険を感じたら戻る勇気も必要です。

また、冬山登山については、次の事項にも留意してください。 

「冬山登山の事故防止について」 (北海道総務部危機対策局危機対策課のペ-ジ)


トップページへ