スマートデバイス表示はこちら


最終更新日:2015年9月03日(木)

南部森林室

 

南部森林室の保護林

 
保護林とは
 道有林における森林のうち、その森の姿が希少性又は特異性を有している森林であり、保護林として恒久的に保存し、生態的な観察を通じて学術研究に資することや施業の参考とすることを目的として設定しています。
森林環境局道有林課へのリンク
 
 上川南部の保護林は、アカエゾマツ原生保護林と、ミズナラ保護林の2箇所を設定しています。
 それぞれの保護林の詳細は、下の写真をクリックしてください。
 
アカエゾマツ保護林の写真       

アカエゾマツ原生保護林

 
 
ミズナラ保護林の写真
ミズナラ保護林
 
 
道有林保護林データーベースについて
 北海道の森林室には40箇所の保護林があります。保護林の情報については「保護林データベース」として整理しており、北海道庁森林環境局道有林課及び各森林室森林整備課にてCD-ROMで所有しています。データベースの閲覧やCD-ROMの配布等の希望者は下記の手順及び注意事項に従っていただき、事前に当森林室へのご連絡をお願いします。

閲覧・配布希望についての手順及び注意事項

 
戻る