スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 北部耕地出張所 >  北部耕地の取組


最終更新日:2015年4月21日(火)


北部耕地の取組


 

北部耕地出張所の取り組み

上川総合振興局産業振興部北部耕地出張所の取り組みや地域の情報をタイムリーにお届け。

※詳細情報については、別コンテンツを作成している場合もありますので文中のリンクからどうぞ!

( since 2014 )

 【開催】平成26年度上川総合振興局北部耕地出張所職場研修【農業用水路の調査、補修補強】を平成27年2月27日開催

記録者:盗塁王MASA(H27.3.1追加)

当出張所2階大会議で、農業用水路の補修・補強を行う事業が増加していることから、(株)帝国設計事務所佐藤常務取締役技術部長を講師に招き、ストックマネジメント(長寿命化)の基本事項や導入効果等の講義を行いました。北部耕地職員の他、てしおがわ土地改良区や美深土地改良区の職員20名が参加しました。大変参考となる講義でした。

挨拶する高橋次長挨拶する高橋次長

講義する佐藤常務講義する佐藤氏

参加者真剣な受講者

 【開催】上川北部管内農業農村整備事業工事担当者合同研修会を平成27年2月18日開催

記録者:盗塁王MASA(H27.2.19追加)

平成26年度に北部耕地管内の道営農業農村整備事業請負工事において、農業土木工事の受注実績のある現場代理人及び主任技術者18名と北部耕地出張所技術職員11名の総勢29名で、現場の課題と解決を探り、問題点等を今後に活かし相互の技術力の向上を図るため、13:30から当出張所2階大会議室で研修会を開催しました。

先崎所長の挨拶のあと、設計図書の照査について~高橋次長、設計変更の進め方について~大西主査、労働災害防止について~赤坂主査、3班に分かれての意見交換会・発表と、13:30~16:30の3時間大いに盛り上がりました。 

※本研修会は技術者継続学習制度(CPDS)の学習プログラムの認定を受けてます。

会議内容を説明する主査開会挨拶

 挨拶をする所長所長挨拶

真剣な参加者1講義

講義する次長次長講義

真剣な参加者2受講2

意見交換グループ討論

 【開催】平成26年度曙地域営農技術懇談会に平成27年1月28日参加

記載者:盗塁王MASA(H27.1.29追加)

18:00から曙地域集落センターで、名寄市曙地域で営農されている農家の皆さんと農業普及センター名寄支所が開催している懇談会に、北部耕地出張所と農業改良普及センターとの連携・協働の取組みの一環として参加させて頂きました。18名(農家の方10名、名寄支所5名、北部3名)の参加があり、名寄支所からH26年の作況・気象の経過や省力化栽培技術の取り組みの報告、北部からはH26年10月28日に清水さんのほ場で行った簡易土壌調査の結果を報告しました。

左の写真は懇談会に参加した皆さん 右の写真は検土丈(土壌採取器具)の説明状況

 参加の皆さん  検土丈説明

 【開催予告】上川北部管内農業農村整備事業工事担当者合同研修会を平成27年2月18日に開催 

記載者:盗塁王MASA(H27.1.22追加)

近年の農業農村整備事業は、地域(受益者)要望に添った弾力的な整備と環境に配慮し、農村の憩いの場提供等、様々な取組が行われてきています。そのため、監督員・現場代理人が連携して事業効果のさらなる向上に努める必要があります。

平成26年度に北部耕地出張所で監督を行っている農業土木工事の現場技術者と、北部耕地出張所の技術職員との合同研修会を開催することにより、現場の課題・問題点を共有し相互の技術力向上を図ります。

参集範囲  

上川総合振興局北部耕地出張所技術職員、平成26年度に北部耕地管内の道営農業 農村整備事業請負工事において、農業土木工事の受注実績のある現場代理人及び主任技術者                                                          

 

 【開催】北部耕地出張所と農業改良普及センター名寄支所が簡易土嬢調査を実施

平成26年10月28日

記載者:盗塁王MASA

北部耕地出張所と普及センターとの連携・協働の取組みを行っています。今回は名寄市曙の清水功裕さんのほ場で排水機能を確認するため簡易土嬢調査を実施しました。                       1検土丈を貫入し貫入時間で耕盤層の確認(左写真)                              2検土丈で採取した土にジピルジル溶液を散布しグライ反応確認(中央写真)                 3貫入式土嬢硬度計で土の硬度確認(右写真)

 簡易土壌調査2  簡易土壌調査2  簡易土壌調査2

 【開催】北部耕地出張所が士別産業フェアに農業農村整備パネル展で参加 平成26年8月31日

記載者:盗塁王MASA

職員から農業農村整備事業パネルの説明を受けた後に、アンケートに協力していただきました。(協力者には、農業農村整備事業で整備された施設で製造された完熟堆肥約2kgをプレゼント)その結果、士別市産業フェアへ出店したことで、農業農村整備事業の認知度が13.5%UP(64.9%→83.4%)、北部耕地出張所の認知度も13.5%UP(64.9%→83.4%)したことが解り、PR活動の大切さを実感。  また、来年度も参加したいと思いま~す。(来年は11回目の出店となります)

 農作業グランプリ  農業クイズ  暗渠模型
 パネル  イベントを終えて

産業フェア昨年のようす 

【開催予告】北部耕地出張所が士別産業フェアに農業農村整備パネル展で参加 平成26年8月28日

記載者:盗塁王MASA

来る、8月31日に士別産業フェアにおいて、わが北部耕地出張所も農業農村整備パネル展で参加します。パネルの他に暗渠排水の仕組みを知ってもらう模型や水田の大区画化を実感してもらう「農作業グランプリ」、農業クイズなどの催しも開催。参加者にはプレゼントも用意しておりますので、日頃農業にあまり関心がない方もこの機会に是非お立ち寄りください。

 士別市産業フェアについてはこちら。(士別市役所のHPに外部リンクします。)

 

 着工前

完成

 

景観美化活動!   平成26年7月23日 

記載者:まさかげ

7月20日士別市において「第28回サフォークランド士別市ハーフマラソン大会」が行われました。北部耕地はコース途中にあるので、景観美化のため出張所前に花壇を設置しました。最初は、出張所前を大々的にと思っていましたが、作業を進めるにつれ開拓の難しさ、予算の厳しさを知ることになり、ご覧のようなこぢんまりした感じになっ てしまいました。

 

 

 講義の様子

屋外実験

剣淵高校出前学習 平成26年6月18日 

記載者:MASA

北海道上川郡剣淵町にある北海道剣淵高等学校において2年生を対象に出前授業を行ってきました。

剣淵高校では、2学年から「農業国際系列(作物の栽培加工流通を学ぶ)」「生活福祉系列(介護福祉士の育成)」 の2系列にわかれそれぞれの目標に向け学んでいます。

農業基盤の整備に携わる私たちは、農産物の生産性、作業性の向上に重要な暗渠排水(畑や水田の水はけを良くする)を主軸に農業施設について説明しました。