スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 上川農業改良普及センター >  JAひがしかわピーマン部会役員ほ場で試験実施


最終更新日:2015年9月28日(月)

 

 JAひがしかわピーマン部会
 役員ほ場で試験実施

    ひがしかわサラダの主力品目であるピーマンは、生でもおいしい品種「さらら」です。今年度、部会役員のほ場(4箇所)にてハダニ類、アザミウマ類、ヨトウガ(幼虫)対策としてUVカットフィルム、赤い防虫ネット、生物農薬、交信攪乱剤を試験的に導入しました。
 これらのアイテムを全部導入している中田副部会長のハウスで研修会を7月に実施し、中田さんから「今回の試験で網羅されなかったアブラムシだけ気にして農薬を散布 すればいいから労働軽減につながっている」との感想がありました。
   省力化とピーマンの品質向上をめざし、部会全体の取り組みとなることを期待しています。

 生物農薬放飼  生物農薬放飼2

 生物農薬スワルスキープラス放飼中

 放飼完了

研修会     赤い防虫ネット
 部会研修会で確認「スリップス少ないでしょ」             赤い防虫ネット