スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 上川農業改良普及センター >  士別地区指導農業士・農業士会の冬期研修会が開催されました


最終更新日:2015年12月16日(水)


士別地区指導農業士・農業士会の冬期研修会が開催されました


 

 士別地区指導農業士・農業士会の冬期研修会が開催されました

 

 12月7日、和寒町農業活性化センターで士別地区指導農業士・農業士会の冬期研修会が開催され、会員をはじめ若手農業者や関係機関ら約60名が出席しました。
  担い手育成と経営管理能力の向上をテーマに、上川農業改良普及センター本所の谷主査から「地域担い手の現状」、雨竜町の佐々木芳雄北海道指導農業士から「[土地利用型]新規参入の定着で地域を元気に」、中央農業試験場生産システムグループの平石主査から「水田作経営・畑作経営の大規模化と所得向上のポイント」と題した講演をいただきました。
  出席者からは「合同会社を活用し新規参入者の設備投資を軽減した佐々木氏の手法を地域でも参考にしたい」、「規模拡大に伴う機械投資の盲点に気づかされた。もっと詳しく聞きたい」といった感想が聞かれるなど、担い手確保や経営改善に生かされると期待される研修会となりました。  (記:H27.12.16)

 研修会の意義を説明する佐藤会長  担い手の状況を説明する谷主査

 研修会の開催主旨を説明する佐藤会長

 担い手の現状を説明する谷主査

 質問に答える佐々木指導農業士(中央)  同一規模でも格差は大きい~平石主査

質問に答える佐々木指導農業士(中央)

 同一規模でも格差は大きい~平石主査