スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 上川農業改良普及センター >  重点活動地区で懇談会を開催しました


最終更新日:2016年3月29日(火)

 

 重点活動地区で懇談会を開催しました

 

  鷹栖町農業者と関係機関で構成する鷹栖町地域農業推進会議の各支部総会において、普及センターの重点普及活動の実績報告および次期活動計画について説明を行いました

 3/19(土)

北成地区では平成22年度から平成27年度までの6年間、重点地区として活動してきました。

北成地区の課題である

 

 1.「ゆめぴりか」の栽培改善

 2.転作畑の排水改善 

 3.ブルーベリーの収量向上

 

 といった3つの課題についての活動経過とその成果について説明しました。

6年間の計画が終了し、重点地区は変更となりますが、これからも支援活動を続けていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

 

3/17(木

平成28年度から新しく重点地区となる北斗地区では、これからの5カ年の重点活動計画を説明し、理解を得ました。

北斗地区での課題については事前にワークショップなどで意見集約した結果

 

1.「ゆめぴりか」の栽培改善 

2.きゅうりの収量向上 

3.新規作物の導入

 

いった3つの課題が明らかとなったため、これらを目標に活動していくこととしました。

 

前年度まで重点地区であった北成地区と同様に鷹栖町地域全体のモデルとなるような農業を確立できるように5年間活動していきます。

                                           (第2係 竹内)

普及計画の説明 6年間の成果を説明

3/17 普及計画の説明(北斗地区)

3/19 6年間の成果を説明(北成地区)