スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 上川農業改良普及センター >  特別栽培米への挑戦~あおぞら教室が開催されました(下川町)~


最終更新日:2016年7月06日(水)

 特別栽培米への挑戦

~水稲あおぞら教室が開催されました(下川町)~

 7月5日、水稲あおぞら教室が下川町で開催され、普及センターから今後の水田の水管理や病害虫について、JAからアカヒゲホソミドリカスミカメ性フェロモントラップの資材購入について説明がありました。

北はるかもち米生産組合では、平成28年産からもち米全量を 『特別栽培米』 として栽培しています。

『特別栽培米』は、平成13年に農林水産省が定めた「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に従って生産された、化学合成農薬および化学肥料の窒素成分を慣行レベルの5割以上削減して生産されたお米です。

フェロモントラップを用い、斑点米の原因となるアカヒゲホソミドリカスミカメの発生予察をすることで、効率の良い防除ができ、化学合成農薬を削減することに役立ちます。虫が多くなるこれからの時期、フェロモントラップを活用し、環境にやさしく、おいしいもち米づくりを農業者・関係機関一丸となって目指します。 (記:H28.7.5)

 普及員からフェロモントラップについて説明  「私はこうやってアレンジしたよ!」

フェロモントラップの作り方について説明

みんなで情報交換

「私はこうやってアレンジしたよ!」