スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 上川農業改良普及センター >  名寄市で「農村ゼミナール」が開催されました


最終更新日:2016年8月16日(火)

名寄市で「農村ゼミナール」が開催されました

  本年7月と8月に名寄市で第1回、第2回「農村ゼミナール」が開催されました。「農村ゼミナール」は農業技術や経営知識を深めるため、名寄市4Hクラブの会員や新規就農者、農業支援員などを対象に行われました。

1回は7月19日に、かぼちゃの栽培管理と病害対策および4Hクラブの活動などをテーマに、現地研修会を実施しました。はじめに、かぼちゃの品種特性や出荷時期、名寄地区で発生が見られる病害虫の対策について、普及センター職員が説明しました。また、実際のほ場で受講生の皆さんに、病害虫の発生状況を観察しました。

 

2回は8月3日、名寄市の農業振興センターの職員を講師に、振興センターの事業内容の研修と農場、ほ場視察が行われました。視察内容は、水稲の直播栽培試験やハウスミニトマトの土耕と溶液、隔離栽培の比較試験、薬用作物の栽培の露地、マルチ比較試験の様子などでした。受講生は真剣に話しに耳をかたむけ、有意義なゼミナールとなりました。

葛西支所長より第1回開会の挨拶  

 葛西支所長より第1回開会の挨拶

カボチャの病害について説明をうける受講生

 カボチャの病害について説明をうける受講生

 

第2回農村ゼミナール講義をうける受講生

 
  講師の農業振興センター職員よりほ場について説明をうける受講生

 2回農村ゼミナール講義をうける受講生

 講師の農業振興センター職員よりほ場について説明をうける受講生