スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 上川農業改良普及センター >  幌加内そば試験ほ食味調査


最終更新日:2017年2月01日(水)

そば3品種の食味調査を実施しました!(士別支所)

 1月25日、普及センター士別支所でそばの食味調査を行いました。                                                   
 今年度よりそばの町幌加内町が士別支所エリアとなり、「そば」の試験をはじめ様々な普及活動を行っています。今回、管内で栽培されるキタワセソバ、ほろみのり、そして新品種キタミツキの3品種についてその特徴を捉え、そばの魅力を広めるべく研修を兼ねて行いました。 

後藤三段 

山羽二段

 

 そば打ちは三段位(全麺協)の後藤専門普及指導員が行いました  山羽係長(二段)も負けておりません
 麺体  手さばき
 均一な厚さで巻き取られらた麺体  あざやかな手さばき
 茹で上げ  水切り
 たっぷりにお湯で茹で上げました  冷水で素早く冷やされた麺
 3品種  5段階評価
 左からキタミツキ、キタワセソバ、ほろみのり  色、香り、食感について5段階評価を行いました