スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 上川農業改良普及センター >  平成30年度 ICT機器を用いて収集したデータの加工・活用方法の検討


最終更新日:2018年8月22日(水)

 

ICT機器を用いて収集したデータの加工・活用方法を検討しました

8月1日(水)に今年度2回目の「ICT機器を用いて収集したデータの加工・活用方法について」普及職員が集まり、データの加工・活用について検証しました。

今回は比布町の株式会社ノウリエと 、旭川市の田口農園の2圃場を視察し、ICT機器の使用感想などについてお話を伺いました。

「水田センサや環境測定機器(以下、測定機器)の導入により、経験で捉えていた栽培環境(水位・水温・温度・湿度)などの外的要因を数字で見れることは、栽培管理に役に立つ」や、「測定機器はあると便利だが、測定したデータをいかして、機械自身が判断して管理するなどの機能があれば役に立つ」といった話がありました。

次回はメーカーの方または研究機関の方から、ICT機器の活用や展望など、農業分野の今後の展望などについて講話を頂こうと検討しています。


 写真1  写真2
     株式会社ノウリエでの説明風景    株式会社ノウリエの合田氏からの説明 
 写真3  写真4
       水田センサ設置ほ場の見学         田口農園での説明風景 
 写真5  写真6
      田口農園の田口氏からの説明       環境測定器設置ハウスの見学