スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 上川農業改良普及センター >  平成30年度 かみかわ6次産業化研修会を開催しました


最終更新日:2019年2月18日(月)

 

平成30年度 かみかわ6次産業化研修会を開催しました

 平成31年2月12日(火)「かみかわ6次産業化研修会」(主催 上川総合振興局農務課・農業改良普及センター、出席者:農業者13名、関係機関25名)を開催しました。6次産業化に取り組む際に大切な「商品の価値」についての講演、また2名の農業者から「実際に取り組んだ結果」について事例報告が行われ、出席者はメモをとりながら聴き入るとともに、質問や意見交換が行われました。

 鈴木俊介氏(北海道6次化サポートセンター)からは、「作り手の想いを顧客に伝える事の大切さと方法」について講演が行われました。

 続いて、中谷仁氏(株式会社東鷹栖シードホープ)と香西静江氏(滝川市 こうざい農園)から、「仲間8人と経営する農家レストランの現在までの歩み」と「さつまいものブランド化と菓子司と協力したパイの開発」について報告が行われました。

 木村恵氏(上川農業試験場技術普及室)からは、実際に商談会シートの記入作業を行いながら「商品や農場の強みについて整理することの重要性」について講演が行われました。

 また、研修会の前には個別相談会を実施し、4名の農業者が事業の進め方や商品開発について、鈴木氏より助言を受けました。

 

6次化サポートセンター鈴木氏による講演   中谷氏による、レストラン米蔵(マイハウス)の取組紹介
香西氏による、さつまいもブランド化の取組紹介 研修に先立って行われた個別相談会