スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 上川農業改良普及センター >  普及活動紹介(和寒町重点地区で軽労化研修会を開催)


最終更新日:2016年4月18日(月)

 

 和寒町大成・東和地区研修会の開催~地域第2係重点活動~

 平成28年4月12日に和寒町大成・東和地区において、農作業軽労化研修会を行いました。

和寒町のブランド野菜(かぼちゃ・キャベツ)の作付維持に欠かせない収穫等の作業負担軽減に向け、株式会社スマートサポート代表取締役 鈴木善人社長にロボット工学を応用し、ゴムの張力を利用して開発されたアシストスーツを紹介いただきました。「働く人を“たすける”“まもる”“きたえる”~スマートスーツで軽労化~」の講義を受け、スーツを試着。長く健康的に働き続けるための作業補助具の活用について学びました。農作業の負担軽減に向けた取組の広がりが期待されます。

五十嵐支所長挨拶 真嶋課長
五十嵐支所長より重点活動スタートの挨拶(右端)  JA北ひびき営農部 真嶋課長より開催への協力をいただきました(右から2人目)
 鈴木社長  体を守り鍛えるスマートスーツの機能説明
 (株)スマートサポート代表 鈴木社長 体を守り鍛える スマートスーツの機能説明
 ゴムの張力  matuda
 ゴムの張力を利用したスマートスーツ  労働軽減に向けた今後の取組を説明する松田専門普及指導員(左端)
 スーツ試着  出席者全員が試着
 いよいよスマートスーツを装着  出席者全員が試着、重量物運搬デモを実施しました