スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 上川農業改良普及センター >  第3回重点地区研修懇談会が開催されました 名寄支所重点地区豊里線路西地域


最終更新日:2018年3月29日(木)


第3回重点地区研修懇談会が開催されました 。(名寄支所重点地区豊里線路西地域)


 

        第3回重点地区研修懇談会が開催されました

    平成30年3月26日、上川農業改良普及センター名寄支所会議室にて第3回重点地区研修懇談会が開催され、重点地区の農業者11名、関係機関3名の出席がありました。   

 前半は、講師の北海道中央農業共済組合上川北支所の阿部氏、丹氏より「収入保険制度について」と題して、収入保険制度の仕組み、農業共済制度との違い、保険と共済の選定ポイントについての研修が実施されました。   

 研修後は、出席した農業者より、「稲作、麦作、大豆作のみの場合はどちらを選択すればよいのか」、「収入保険の加入シミュレートに必要な書類は何か」など多くの活発な質疑があり、関心の高さがうかがえました。

 

 後半は、普及センターの4月からの重点地区活動について、各担当者がそれぞれ、「水稲収量・品質の安定生産」、「転作作物における輪作体系の改善」、「経営管理能力の向上」の説明を行い、農業者と今後の活動の取り進め方を懇談しました。

 

 本研修懇談会を活用し、新年度も地域に根ざし、農業者・関係機関と一丸となる普及活動を展開して行きます。

    

  収入保険制度についての研修    出席者の様子
     収入保険制度についての研修           出席者の様子