スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 上川農業改良普及センター >  無代かき栽培の先進地視察を行いました


最終更新日:2018年11月28日(水)


無代かき栽培の先進地視察を行いました


 

 無代かき栽培の先進地視察を行いました

  11月21日(水)に、水稲の無代かき栽培の先進地として、小平町を視察しました。参加者は鷹栖町北斗地区を中心とした農業者12名、JAたいせつ1名、鷹栖町役場2名、普及センター2名です。
 鷹栖町北斗地区は粘土質土壌で春の融雪が遅いことから、排水対策が必須となっています。小平町では2名の農業者から話を伺いましたが、小平町も同様の気象・土壌条件であり、無代かき栽培の実践によりほ場の乾燥化が進んでいるとのお話でした。参加者から多くの質問・意見が出され、今後のほ場の乾燥化に向けた議論を進めるきっかけとなる視察となりました。                                      (本所 地域第3係)

 小平町平和 山崎氏ほ場  小平町住吉 長岡氏ほ場

機械を見学し、作業体系・導入方法の説明を受ける

ほ場状態を確認し、栽培方法・生育経過の説明を受ける