スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 林務課 >  林野火災の予防

上川の分類: 産業・経済 > 森林・林業

最終更新日:2018年2月22日(木)

 
森をまもる

林野火災の予防啓発

林野火災の予防について

 森林は、国土の保全、水資源のかん養、木材の供給、生活環境の保全など、多面的な機能を通じ、道民の生活になくてはならない大切な役割を担っています。
 ひとたび火災が発生すると、乾燥や強風などの気象条件により火災面積が拡大し、甚大な被害をもたらす可能性があるとともに、消火用水の確保や機械の搬入が難しい山間部で発生することが多いため、消火作業に多くの労力を要し、復旧にも多くの時間と経費が必要となります。
 このため、道民一人ひとりが、林野火災の未然防止に対する意識を高めるとともに、森林所有者はもとより地域の関係者が一体となって、入林者に対する注意喚起など、林野火災の予防に関する普及啓発活動などに取り組んでいくことが重要です。

 

◆林野火災予防強調期間

 北海道では雪が解け、気温が上昇するとともに、レジャーや山菜を採るために入林者が増加する春から初夏にかけての時期に林野火災予防強調期間をもうけて、林野火災への注意を呼び掛けています。
 平成29年度の上川総合振興局管内の強調期間は、4月21
日から5月31日です。 

 

◆林野火災を起こさないために・・・

 林野火災の出火原因は「ゴミ焼き」「たばこ」「火入れ」などの火気の取扱いの不注意、不始末によるものが大半を占めています。皆さん一人一人が次のことに注意して、林野火災を起こさないよう注意しましょう

ゴミ焼き、焚き火、たばこ、マッチの不始末は絶対にやめましょう。
乾燥注意報や空気が乾燥しているときは火を扱うことはやめましょう。
森林に入るときは所有者や管理者の許可、届出が必要です。
許可を受けて火入れするときは付帯条件の厳守と火入れ跡地の完全消火の確認をしましょう。

火入れ許可については、各市町村へお問い合わせ願います。

 

◆平成29年度林野火災予防に関する作品(標語・ポスター)の入賞者が決定しました!

 平成29年度の林野火災予防に関する作品(標語・ポスター)の知事賞受賞者が決定しました。

 上川総合振興局管内からは、次の方が受賞されました。

  標語の部

    当麻町立当麻小学校 6年 村椿ほのか さん

     「山火事で 森の命が 消えていく」 

  ポスターの部 

    音威子府村立音威子府小学校6年 水谷木音 さん

           みずたにさん