スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 林務課 >  魚をまもる

上川の分類: 産業・経済 > 水産業

最終更新日:2017年4月12日(水)

 魚をまもる      

遊漁のルール内水面漁業漁業権その他ホーム

 

1 遊漁のルール

 近年、心のゆとりや自然とのふれあいを求めて、海、山、川などで野外レクリエーションを楽しむ人々が増えています。
 これらのレクリエーションの中で、釣りの人気が年々高まっていますが、釣りで利用される水産資源は長い年月をかけて育まれてきたものであり、この資源を利活用しながら次世代に引き継いで行くために、様々なルールが設けられています。
 なお、上川管内における内水面の遊漁に当たり、遵守すべきルールは次のとおりです。

1)水産動植物を採捕しようとするときに、知事の許可が必要な漁具・漁法
刺し網(流し網を除く)、流し網、敷き網、地びき網、船びき網、はえなわ、投網、どう、かご、やな、たも網(網口又は網の長さの最長部が40センチメートル以上のもの)及びさで網(網口又は網の長さの最長部が40センチメートル以上のもの)
2)禁止期間が設定されている魚種

(1)さけ、ます(さくらます(除:やまべ)、からふとます、べにます、ぎんます、ますのすけ)…周年
(2)やまべ…4/1~5/31(上川管内)
(3)あゆ…4/1~6/30及び9/16~10/31

3)使用が制限又は禁止された漁具・漁法
(1)水中に電流を通じてする漁法
(2)やす又はかぎを使用する漁法(引っ掛け釣りを含む)
(3)もじ網(無結節網のうち、経糸(たていと)を二本の緯糸(よこいと)ではさんでよじったもの)を使用する漁法
(4)小型定置網又は底建網
4)資源保護上、禁止期間等が設定されている区域

(1)禁止区域
(ア)天塩川支流パンケナイ川(中川町)
(イ)天塩川支流美深パンケ川(美深町)
(ウ)朱鞠内湖に注入する河川(幌加内町)
(2)禁止期間
(ア)パンケナイ川及び美深パンケ川…6/1~12/31
(イ)朱鞠内湖に注入する河川…周年
(3)水産動物名   ヤマベ

5)移植放流が禁止されている外来魚
ブラウントラウト、カワマス、カムルチー(なお、ブラックバス(オオクチバス属の魚)、ブルーギルは法律で禁止されています)
6)区画漁業権が設定されている漁場
下記の「3 漁業権」を参照してください。
 

 海面やその他の振興局における内水面規制については、ここを参照してください。

2 内水面漁業

 当管内では、大雪山系から湧き出る豊富な水資源を利用した養殖業が昭和初期から始まっており、古くは農家の副業として、さらには、層雲峡や天人峡といった道内有数の温泉・観光地の需要に応じて、内水面漁業が発展して来ました。最近ではバイオテクノロジー等を取り入れた、高品質のニジマス生産が行われています。
 なお、近年の生産動向については、資料編を参照してくださ い。

3 漁業権

 当管内の一部内水面には、漁業権が設定されています。設定区域内において、無断で漁業権に設定されている魚を捕ると、漁業権の侵害に当たり罰則が適用されますので注意してください。
 なお、設定区域であっても、遊漁料等をいただき、遊漁を認めている場合もありますので、詳しくは各漁業権者にお問い合わせください。

写真:剣淵町桜岡貯水池

      剣淵町桜岡貯水池            

写真:士別市岩尾内湖

        士別市岩尾内湖

写真:朱鞠内湖 

        幌加内町朱鞠内湖

4 その他

 北海道において、プレジャーボートなど(漁船以外のすべての船舶)が漁港を使用するに当たっては、漁港所在地の市町村長の許可を受けることが必要となっています。漁港の使用に当たっては、使用の可否を確認の上、必要な手続きを済ませてから使用してください。
 なお、使用可能な漁港、許可申請手続きについては ここを参照してください。

トップへ戻る