スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 産業振興部 > 商工労働観光課 >   かみかわ「食べものがたり」: ファームあるむ


最終更新日:2019年3月06日(水)


 かみかわ「食べものがたり」: ファームあるむ


イメージ フェイスブック ツイッター
イメージ
コンセプト 地域で探す ジャンルで探す かみかわ食の今昔物語
動画を見る


地域で探す
スペース
地域で探す
スペース
ジャンルで探す
スペース
肉類・卵
スペース
野菜・果物・お米
スペース
エゾシカメニュー
スペース
スイーツ・パン
スペース
飲料・酒類
スペース
漬物・レトルト類
スペース
調味料・ジャム
スペース
その他加工品
スペーサー

かみかわフードツーリズム

スペーサー
 
(地域)食べものがたりトップページ > かみかわ北部 > ファームあるむ
(ジャンル)食べものがたりトップページ > スイーツ・パン > ファームあるむ
循環型へのこだわりで作る健康卵
ファームあるむ かみかわ北部 士別市

あこがれの北海道で養鶏を

 「あるむ」とは、ドイツ語で山の上の牧草地、という意味。「大好きなアルプスの少女ハイジから名付けました」と﨑原元貴さん、敬子さんご夫妻は明るく語ります。2009年に大阪と愛媛から移住し、当初は興部町で酪農家を目指し研修を受けていましたが、酪農では道外や海外から飼料を取り寄せる必要があることを知り、「せっかく就農するなら循環型の農業経営をしたい」と、幅広い飼料が利用できる養鶏を目標に定めました。

 そして、農業研修先の知人を通じて士別市に巡り合います。ここは米や大豆のほか、畑作も盛んで、「あるむ」の名に相応しい場所でした。士別に養鶏場を建て、当初約50羽からスタートをしましたが、現在は約400羽の親鳥、100羽の雛鳥に拡大しています。

 ストレスがないよう1坪あたり10羽程度になるよう、丁寧に平飼いしているほか、飼料には市内の規格外の野菜など地元の色々なものを活用し、鶏糞は肥料として野菜を育てるなどして、理想だった循環型にも取り組んでいます。

画像 ファームあるむの﨑原元貴さん敬子さん
ファームあるむの﨑原元貴さん(左)敬子さん(右)


卵がいい ケーキがおいしい

 そんな環境で育てたファームあるむの卵は、卵臭をあまり感じなく、旨みがたっぷり。「昔食べた卵の味」という評判が広がり、農場での直販や、毎週定期的に市街地の方々や周辺の農家さんへの配達で販売し、とても喜ばれています。そんな﨑原さんの取り組みは、健康な卵づくりだけに留まりません。自社の生みたての卵を使ったシフォンケーキを手作りして、配達と市内イベントなどで売ってみたところ、たちまち評判になりました。

 「昔ながらの庭先の卵らしい、黄身の黄色がきれいに出ているケーキです」

 手作りのシフォンケーキ「キミ・シフォン」は、卵を多めに使い風味が豊かで、極上のふわふわ感をお口の中で楽しむことができます。当初は「上士別をきずこう会」の加工場を使って焼いていましたが、口コミで注文数が増え、頻繁に加工場へ通うのが困難になってきたことから、3年前にケーキ工房を自宅の敷地内に建築しました。

画像 ケーキ 種類は、プレーンのほか、チョコレート、くるみ、まさかりかぼちゃ、いちじく。
種類は、プレーンのほか、チョコレート、くるみ、まさかりかぼちゃ、いちじく。


納得がいく卵ができるまで7年

 自宅の敷地のほか、士別市内の士別inn翠月、JA北ひびき直売所「ひびきあい」、手打ちそば処淳真でも販売されている「昔ながらの庭先たまご」。その親鳥は、肉用種に比べて産卵数が多い大型品種の「卵肉兼用種のネラとホシノブラック」を飼っています。ですが体も大きくその分飼料も多くかかります。

 「それでも体力があり、卵の殻も厚い。ケーキ作りもお肉でも、断然こちらのほうがいい」

 こだわりの飼料は、塩(国産)を除きすべて北海道産、できるだけ士別産のものを使用。大豆を炊くところから始まり、牧草、小麦、かぼちゃ、じゃがいも、紋別産の魚粉たんぱく、ほたて貝殻などを混ぜ合わせ、発酵させて作ります。抗菌剤や添加物は使わず、自然界の生き物が食べるものしか与えません。

 ヒナの時から、この飼料と農場から湧き出る天然水で育っている鶏たち。養鶏を始めて7年研究したどり着いた納得のいく卵はこうしてできています。その後、卵を産めなくなった親鳥は廃棄物として捨てるのではなく、剣淵町の燻製会社と連携し、丸鶏の燻製として無駄なく活かしきっています。


地域の協力に恩返し 人の営みも循環が大切

 養鶏場を始めた頃の場所から現在の場所に移る際、地元の方々の支援なしには、なし得なかった、と﨑原さんは振り返ります。鶏小屋建設のために、近所で解体された家屋の廃材や梁、柱などを譲ってもらったり、地元から父親が手伝いに来てくれたりして、完成までこぎつけたそうです。移転先は大規模な水田が多い地域で、﨑原さんが移るタイミングに、ちょうど年齢的にも廃業を考えていた方がいたため、廃材が手に入ったそうです。

 「自分ひとりでは、自宅、鶏小屋、鶏、と必要なものは揃えられなかった、周りの方々に生かされてきた」と﨑原さんは話します。

 ファームあるむの「昔ながらの庭先たまご」は、昔ながらの黄身の濃い味がするおいしい卵というだけではなく、農業も人とのつながりも巡り巡って循環していくように、と手をかける﨑原さん夫妻のまごころの結晶なのかもしれません。

画像 ケーキ工房 かわいいイラストの看板が目印です。
かわいいイラストの看板が目印です。


   ファームあるむ 士別市上士別町24線南53 電話0165-24-2262

ページトップへ
     
かみかわ北部かみかわ中部かみかわ南部 http://www7a.biglobe.ne.jp/~creamery-gnome/