スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  大雪ものしり百科:産業編|観光ガイド:登山口にある温泉


最終更新日:2018年6月22日(金)


大雪ものしり百科:産業編|観光ガイド:登山口にある温泉


観光ガイド:登山口にある温泉

旭岳温泉
 旭岳温泉は、大雪山の主峰旭岳の麓に広がる標高約1,050mにある温泉郷です。1914年(大正3年)に、旭川在住の阿久津啓吉 氏が温泉の湧出を発見してから始まり、この地域一帯は、勇駒別(ゆこまんべつ)と呼ばれていました。勇駒別とは、アイヌ語で「湯に向かってゆく川」という意味があり、古くから温泉が湧出していたことが伺えます。夏は、旭岳登山、大雪山縦走などの入口として利用され、冬は、日本でいちばん長い期間(12月〜5月上旬)スキーが楽しめる場所として全国的にも有名です。現在は、閑静な原生林の中に9軒の温泉宿泊施設があり、日帰り入浴なども楽しめます。

  旭川駅を出発し、旭川空港・東川町を経由して旭岳温泉街、終点の旭岳ロープウェイまで、1日に3往復するバス「いで湯号」があります。(現在、天人峡は経由していません。)

泉質 カルシウム・マグネシウム・ナトリウム硫酸塩・無色透明
主な効能 神経痛・筋肉痛など

名 称 旭岳温泉 訪問最適時期 オールシーズン
必要経費 各施設により料金が違いますので、お問合せください。 所要時間 -
住所 北海道上川郡東川町旭岳温泉 駐車場 公共駐車場 150台
アクセス 旭川空港から車で約45分、JR旭川駅から約1時間20分。
層雲峡温泉
 大雪山国立公園内で最大の宿泊施設数を誇る層雲峡温泉は、断崖絶壁の柱状節理が立ち並ぶ峡谷の中間地点にあります。温泉街には、ホテルや旅館はもちろんのこと、足湯や黒岳ロープウェイ、層雲峡ビジターセンター、黒岳スキー場があり、カナダの山岳リゾートをモチーフとした「キャニオンモール」と呼ばれる施設も近年整備され、他地域の一般的な温泉街と違った欧米風の山岳リゾートエリアとして、年間300万人の観光客がこの地を訪れます。また、イベントも年間通して行われており、中でも「氷瀑まつり」は、夜に照明が入れられとても神秘的で、土日には花火も打ち上げられて冬の夜空を彩ります。


泉質 単純温泉、硫黄泉
主な効能 高血圧症・動脈硬化症・慢性便秘症・ 慢性皮膚病・糖尿病・痛風

名 称 層雲峡温泉 訪問最適時期 オールシーズン
必要経費 各施設により料金が違いますので、お問合せください。 所要時間 -
住所 北海道上川郡上川町層雲峡 駐車場 ロープウェイ駐車場 60台 公共駐車場 300台
アクセス 旭川空港、JR旭川駅から車で約1時間30分。
大雪高原温泉
 大雪山は、遥か昔より繰り返された火山活動によって、現在の形になったと言われています。その火山活動は完全に停止したわけではなく、現在も地下で目に見えない活動を行っています。上川郡上川町層雲峡高原温泉にある旅館「大雪高原山荘」の周辺では、蒸気が噴出し、温泉が地中から湧き出している様子が見られます。大雪山周辺の温泉の色は透明が多いのですが、この旅館では乳白色の温泉を楽しめます。毎年、6月10日から10月10日までの123日間のみ営業しています。

 大雪山国立公園内では、そういったスポットがいくつもあり、大雪山の自然の息吹を感じさせてくれます。

泉質 単純酸性泉(低張性酸性高温泉)
主な効能 神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・関節のこわばり・冷え性・疲労回復・健康増進

名 称 大雪高原温泉 訪問最適時期 6月中旬〜9月下旬
必要経費 詳しくは大雪高原山荘のHPをご覧ください。 所要時間 -
住所 北海道上川郡上川町層雲峡高原温泉  駐車場 あり
アクセス 旭川空港、JR旭川駅から車で約2時間30分。
※国道273号から入る北海道道1162号は紅葉最盛期の9月下旬にマイカー規制があります。期間、臨時バス等の情報は、上川町役場にお問合せください。
白金温泉
 北海道の中央に壮大な景観をもって広がる大雪山十勝岳の南部に位置する十勝岳連峰は、オプタテシケ山、美瑛富士、美瑛岳、十勝岳、富良野岳の山々からなり、白金地区は、これらの秀峰を一望に見渡せる山麓にあって、雄大な展望と良質な泉質を誇る温泉地です。白金温泉の歴史は、畠山温泉が現在の白金温泉付近にあり冷泉を沸かし多くの登山客や、湯治客を呼んでいたのが始まりでした。しかし、1926年(大正15年)の十勝岳大爆発により泥流に呑まれ消失しました。

 それから時を経て1950年(昭和25年)8月、当時の町長であった鴻上覚一氏が数々の苦難の末、土中399mの深さから、48℃(現在は約53℃)の無色の湯が噴出しました。温泉開発に成功した鴻上覚一氏が「泥の中から貴重なプラチナ(白金)を見つけた思いがする」と述べたことに由来して、白金温泉と命名されました。 美瑛町の市街から白金温泉へと向かう道は、大正15年の十勝岳噴火の泥流後に自生したシラカバの林が4km続いていることから「白樺街道」と呼ばれており、その美しく涼しげなシラカバ林を抜けると白金温泉の湯煙りが迎えてくれます。白樺とカラマツ林に囲まれて、天然かけ流しの良質な温泉を肌で感じてみてはいかがでしょうか?

泉質 低張性中性高温泉(Na/Mg/硫酸塩・塩化物泉)PH6.6〜6.8、旧泉質名:塩化土類芒硝泉
主な効能 適応症/浴用・神経痛・筋肉痛・慢性消化器病・痔病・慢性皮膚病等

名 称 白金温泉 訪問最適時期 オールシーズン
必要経費 各施設により異なりますのでお問い合わせ下さい。 所要時間 -
住所 北海道上川郡美瑛町字白金 駐車場 あり
アクセス JR旭川駅より約60分、旭川空港より車で約50分。
天人峡温泉
 天人峡温泉は1894年(明治27年)に忠別川での鉱物探索中に発見され、1897年(明治30年)に発見者の名前を付け松山温泉として開設しました。発見当時は柱状節理にへばりついた露天風呂まで、宿から小さな橋を渡って通っていましたが、大正時代から昭和初期に有名になり大きく発展しました。その後、1937年(昭和12年)に現在の天人峡温泉という名前になり、翌年の1938年(昭和13年)に、大雪山国立公園入口より天人峡温泉までの自動車道路が完成しました。現在の天人峡温泉は3軒の温泉宿があり、夏〜秋にかけて多くの観光客で賑わっています。特に10月上旬の紅葉時期は、交通整理が行われるほど観光客が押し寄せる、人気の観光スポットとなっています。大自然に囲まれて、源泉100%の掛け流し温泉で、癒しのひとときを過ごしてみませんか?

泉質 ナトリウム・カルシウム・マグネシウム・硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉
主な効能 神経痛・慢性関節リウマチ・高血圧症・動脈硬化症・糖尿病・痛風など

名 称 天人峡温泉 訪問最適時期 オールシーズン
必要経費 各施設により料金が違いますので、お問合せください。 所要時間 -
住所 北海道上川郡東川町天人峡 駐車場 あり
アクセス 旭川空港から車で約40分、JR旭川駅から約60分。
愛山渓温泉
 愛山渓温泉はアンタロマ川の渓流に沿って19kmの地点、永山岳の山麓にある温泉です。 海抜1,000m四方を、アカエゾマツの純林におおわれた静寂な温泉郷です。 春は高山植物、夏は青葉匂う自然を見ながらの登山 秋は紅葉(沼の平の紅葉は、絶景です。9月中旬が見頃) 大雪山国立公園の表登山口として利用者が年々増えています。 比較的容易な登山コ−ス(高齢者・子供の方は雲井ケ原湿原がおすすめ、往復2.5kmで普通の服装で行けます)で、しかも変化に富んだ景観を楽しむことが出来ます。 大小数知れぬ沼沢があり、周囲の雄大な展望と絶妙なコントラストを見せています。 源泉100%、飲用も出来る温泉です。


泉質 ナトリウム・マグネシウム・炭酸水素塩・硫酸塩泉
主な効能 神経痛・筋肉痛・関節痛・運動麻痺・関節のこわばり・うちみ・くじき・五十肩・慢性消化器病・病後回復期・疲労回復・健康増進・動脈硬化症・痔疾・慢性皮膚病・きりきず・やけど・冷え性

名 称 愛山渓温泉 訪問最適時期 6月中旬〜9月下旬
必要経費 詳しくは愛山渓倶楽部のHPをご覧ください。 所要時間 -
住所 北海道上川郡上川町字愛山溪 駐車場 あり
アクセス 旭川空港、JR旭川駅から車で約1時間15分。

目次へ戻る