スマートデバイス表示はこちら

ホーム > 地域創生部 > 地域政策課 >  北へ向かう3本の「路」-鉄路/TESHIO13のまち


最終更新日:2013年3月29日(金)

TESHIO13のまちへsub

鉄路

大雪山系に見送られ、天塩川の流れに沿って北へと向かう宗谷本線。
かつては樺太(サハリン)を目指す乗客でにぎわい、名寄本線、深名線、美幸線、天北線に乗り継ぐ駅は、地域産業の拠点でもあった。
各駅停車で旅すれば、いつもと違う風景や歴史、人と出会えるから不思議だ。

鉄路絵日記1

旭川 ~ 塩狩

1923(大正12)年の夏、旭川発11:12の列車に乗り、宮澤賢治も樺太をめざした。大雪山系が北比布まで追いかけてくる。賢治もその神々しい姿を拝んだに違いない。

塩狩峠に差しかかると列車のスピードが落ちる。右や左への急カーブ、急こう配を体に感じるのは普通列車だからだ。峠のサミットでもある塩狩峠駅に到着すると、空気が一段と澄んだ気がした。

三浦綾子が10年間暮らした旧宅を復元した塩狩峠記念館。幼いころから読んでいた本。教師を辞めるきっかけとなった墨塗り教科書。

鉄路絵日記2

記念館から国道40号に出て、三浦綾子が「塩狩峠」を執筆したという塩狩温泉あとに向かう。寂れた看板と廃墟が残るばかりだが、その向かいに小さな直売所を発見!!
 営業はギョウジャニンニクが採れる4月中旬から、旬の野菜を並べて11月初旬まで。

旭川/塩狩 ~ 名寄

右手に全国唯一のSL排雪列車キマロキ。古いレンガ煙突が見えてきたら、名寄駅に到着だ!

かつては機関区も置かれ、遠軽をめざし東に向かう「名寄本線」と深川をめざし西に向かう「深名線」の起点駅でもあった。
 1927(昭和2)年築の風格ある駅舎は、鉄道が華やかだった時代を物語る。
 駅前には1914(大正3)年創業の三星食堂がある。

鉄路絵日記3

いまは4店舗しか残っていないが、戦前からの歴史をもつ二條市場で庶民の味を守り続けてきた三浦商店。
昔は駅に便利屋さんがいて、ここのお惣菜を名寄本線や深名線沿線のまちに運んでいたとか。
 肉だんご、メンチカツ、ホッケのフライ、コロッケ、野菜のかき揚げ。。。どれもおいしそうで迷っちゃう。

ビル商店街、 なんだか気になる建物。向こうの通りまで続く通路は暗く、天井の高さに驚く。歩きながら目が慣れてくると玩具店、運動靴店、化粧品店などレトロな看板に気がつく。日中にシャッターを開けているのは精肉店とハンコ屋だけ。夜は居酒屋のネオンが灯る。

鉄路絵日記4

名寄 ~ 美深

ホームに降り立つと、東側に古い木造の建物が見える。かつての天塩川木材跡だ。戦後、美深には八つの木工場があった。
 いまも現役、谷口木材の資材置き場からの眺めもなかなかよい。

駅前に出てすぐ目につくのが赤レンガ倉庫群だ。かつては美深はデンプン王国だった。
 現在はもち米や麦の産地であり、昼夜の寒暖の差が大きいため、”くりかぼちゃ””くりじゃが”と呼ばれるほど甘い野菜が育つ。

井上食堂の店内に入って驚くのは、その品書きの多さだった。7種類のスープ、5種類の味、8種類の油脂、7種類の麺、トッピングまで客の好みに合わせてラーメンを作ってくれる。基本のラーメンに110円プラスすれば熱々のラーメン鍋に。

鉄路絵日記5

旭湯ののれんをくぐると、番台、脱衣所の竹籠や椅子、大判の鏡、タイル貼りの浴槽、蛇口やシャワーのデザイン、その一つひとつが昭和そのものでテンションが上がる!!

銭湯のおじさんが教えてくれた、昔の劇場が喫茶店になっている「なかやま」。内装は普通の喫茶店だが、映画史に興味のある人にはたまらない店だ。
 外観を見上げると「美深東映劇場」の文字が、かすかに読み取れた。

美深 ~ 天塩川温泉

駅から温泉までの道程は、楽勝だと思っていたが、晩秋の日没は早い!!

鉄路絵日記6

天塩川温泉 ~ 音威子府

大正初期に発見された常盤鉱泉は飲用薬として広まり、良質な米や酒1升分と同じ価値があり、旭川まで列車で運んで取引されていたとか。

音威子府は国産玄ソバ栽培最北端の地。天塩川温泉駅周辺でも、夏なら白い花、実りの秋、収穫後の黄金色のそば畑もなかなか美しい。

音威子府といえば、甘皮までまるごと挽いたまっ黒なそばが有名だ。遠方から訪れるファンを多い。

鉄路絵日記7

西野商店の看板が目立つ駅前の建物は、常盤軒が仕出し屋さんをやっていたころの店舗だ。

音威子府橋から天塩川を眺め、河川敷をぷらぷら咲来方面に歩くと、朱色の橋がかかった旧天塩川の水溜りにたどり着く。おすすめの散策コースだ。
<音威子府駅から音威子府橋まで徒歩6分、旧天塩川まで徒歩9分>

音威子府 ~ 筬島

彫刻家砂澤ビッキは、廃校となった旧筬島小学校をアトリエに10年間制作活動を続けた。
現在、エコミュージアムとして改修され、100点以上の作品が展示されている。

鉄路絵日記お土産

駅前で見つけた!! 小さなお土産

塩狩駅
ギョウジャニンニク 1束 100円
マイタケ 1山 500円

名寄駅
常連客が太鼓判を押した太巻き 1本 650円

美深駅
紅麹パン ハーフサイズ 347円

音威子府駅
音威子府名代きそば 350g 380円

天塩川温泉駅
源泉にハチミツとハーブオイルをブレンドした手作り石鹸 40g 550円

筬島駅
微妙に表情が違うイナウ 500円

ページの先頭に戻る