富良野開拓


富良野開拓


富良野原野の開拓と兜谷徳平

           tokuhei.JPG


兜谷徳平翁略歴

嘉永 5 富山県西砺波郡にて出生。
明治13  砺波郡役所書記を命ぜられる。
明治22  富山県砺波郡薮並村村会議員に当選。
明治23  富山県砺波郡薮並村村長に当選。
明治28  北海道移住を決意。薮並村村長を辞職。
     胆振国千歳郡漁村越野株式会社農場事務に従事。
明治30  北海道石狩国札幌郡白石村外1箇村戸長となる。
明治32  下富良野官設駅逓取扱を命ぜられる。
     芦別郵便局長を命ぜられる。
大正 4 下富良野村会議員に当選。
大正 7 富良野土功組合理事。
大正10  富良野用水土功組合理事。
大正13  上川管内土功組合連合会副会長に就任。
大正14  在職中病のため74才にて逝去。

1918(ねん)大正(たいしょう)9)、第一次(だいいちじ)世界(せかい)大戦(たいせん)()わると、北海道(ほっかいどう)では(ざつ)穀類(こくるい)にかわって(こめ)
(さく)()けが()えた。これは(こめ)価格(かかく)畑作物(はたさくもつ)(くら)安定(あんてい)ていたためだった。さらに()(みん)
によって市場(しじょう)拡大(かくだい)したことや、品種(ひんしゅ)改良(かいりょう)栽培(さいばい)技術(ぎじゅつ)進歩(しんぽ)したことも原因(げんいん)だった。
このため、北海道(ほっかいどう)各地(かくち)では水田(すいでん)開発(かいはつ)のための土功(どこう)組合(くみあい)(つぎ)つぎに結成(けっせい)された。

haisui_01.JPG haisui_02.JPG

富良野(ふらの)地域(ちいき)水田(すいでん)開発(かいはつ)は、明治(めいじ)のおわりから大正(たいしょう)はじめにかけて下富良野村(しもふらのむら)(いまの
富良野市(ふらのし))の大農場(だいのうじょう)(はじ)まったが、(しも)富良野(ふらの)(むら)北部(ほくぶ)から(なか)富良野(ふらの)(むら)にかけては、広大(こうだい)
なぬかるみの(つづ)湿(しっ)()(たい)泥炭地(でいたんち))だったので、開拓(かいたく)(おも)うようにすすまなかった。
そこで、兜谷徳平(かぶとやとくべい)中心(ちゅうしん)となって泥炭地(でいたんち)排水溝(はいすいこう)整備(せいび)する事業(じぎょう)(おこな)われた。これは、
尻無川(しりなしがわ)であった ヌッカクシフラヌイ(がわ)とデボツナイ(がわ)合流(ごうりゅう)させる中央(ちゅうおう)大排水溝(だいはいすいこう)()
富良野(ふらの)(がわ)(なが)すという計画(けいかく)で、はじめは(だれ)もが実現(じつげん)できるとは(おも)わなかった。
しかし、(とく)(べい)のねばり(づよ)(はたら)きによって1917(ねん)大正(たいしょう)6()
富良野(ふらの)土功組合(どこうくみあい)設立(せつりつ)され
排水溝(はいすいこう)は1919(ねん)大正(たいしょう)8
)に完成(かんせい)した。

yousui_01.JPG heigen.JPG

さらに兜谷(かぶとや)徳平(とくべい)は、農業用水(のうぎょうようすい)富良野(ふらの)盆地(ぼんち)のすみずみまで()くことができるように、
用水(ようすい)確保(かくほ)()()んだ。空知(そらち)(がわ)水源(すいげん)とし、(ぬの)()から(かみ)富良野(ふらの)(むら)までの(なが)(やく)32km

(かわ)(なが)れと逆方向(ぎゃくほうこう)(なが)すという大計画(だいけいかく)だった。
「そんなバカなことができるわけがない」と(おお)くの(ひと)(かんが)えたが、(とく)(べい)数々(かずかず)困難(こんなん)
()()え、1921(ねん)大正(たいしょう)10
)、富良野(ふらの)用水(ようすい)土功組合(どこうくみあい)組織(そしき)して、山手(やまて)幹線(かんせん)(よう)水路(すいろ)
着手(ちゃくしゅ)した。(よう)水路(すいろ)は2(ねん)歳月(さいげつ)(つい)やして完成(かんせい)

この結果(けっか)()()()(ちょう)(なか)富良野(ふらの)(むら)(かみ)富良野(ふらの)(むら)(あわ)せて(やく)4,000町歩(ちょうぶ)水田(すいでん)開発(かいはつ)
()(のう)になり、これをきっかけに富良野(ふらの)盆地(ぼんち)()(わた)(かぎ)りの水田(すいでん)地帯(ちたい)姿(すがた)()えていった。

        【『民衆が語る 富良野100年のあゆみ』 第2章 第4節 水田の発達 より構成】

kourozu_02.JPG
【大正十二年富良野用水土功組合地区及び溝路一覧図】(富良野土地改良区蔵)

 

 情報館へもどる

カテゴリー

page top