磯野農場小作争議


磯野農場小作争議


磯野農場小作争議

()(第一次(だいいちじ)世界(せかい)大戦(たいせん)()のいわゆる戦後(せんご)恐慌(きょうこう)によって、農民(のうみん)生活(せいかつ)貧窮(ひんきゅう)していた。農産物(のうさんぶつ)()
)価格(かかく)暴落(ぼうらく)し、しかも農家(のうか)購入(こうにゅう)する物品(ぶっぴん)(ほう)がインフレで(たか)なったため、農家(のうか)経営(けいえい)
()(たん)寸前(すんぜん)状況(じょうきょう)だった北海道(ほっかいどう)では、何代(なんだい)(つづ)地主(じぬし)集落(しゅうらく)中心(ちゅうしん)にいることの(おお)
本州(ほんしゅう)とちがい、地主(じぬし)都会(とかい)()み、農地(のうち)管理人(かんりにん)()場合(ばあい)(おお)かった。こうした地主(じぬし)
不在(ふざい)地主(じぬし)()ばれ、小作人(こさくにん)との関係(かんけい)(むずか)しくした
小作人(こさくにん)精魂(せいこん)()めて(つく)った(こめ)契約(けいやく)
(がく)(おう)じて小作料(こさくりょう)として(おさ)めなければならなかったが、米価(べいか)()()がりすれば生活(せいかつ)
(くる)しくなるので小作料(こさくりょう)
軽減(けいげん)要求(ようきゅう)する。一方(いっぽう)米価(べいか)()()がりは地主(じぬし)にとっても減収(げんしゅう)
となるから、()(ぬし)(がわ)収入(しゅうにゅう)確保(かくほ)するために小作料(こさくりょう)()()げようとする。このように
小作料(こさくりょう)をめぐり地主(じぬし)小作人(こさくにん)対立(たいりつ)する小作(こさく)争議(そうぎ)各地(かくち)()こっていた

fuzai-jinushi.JPG    磯野農場の場所
   isono-noujou_03.JPG

大正(たいしょう)末期(まっき)から昭和(しょうわ)(ねん)にかけて()きた磯野(いその)農場(のうじょう)小作(こさく)争議(そうぎ)は、プロレタリア作家(さっか)小林(こばやし)(()()()()()
()
小説(しょうせつ)不在(ふざい)地主(じぬし)」のモデルとなったこともあって、全道的(ぜんどうてき)有名(ゆうめい)争議(そうぎ)である。磯野(いその)
農場
(のうじょう)
(いま)富良野市(ふらのし)(きた)大沼(おおぬま))は、小樽(おたる)米穀(べいこく)海産物(かいさんぶつ)問屋(どんや)経営(けいえい)していた(いそ)()(すすむ)所有(しょゆう)で、
30()あまり小作(こさく)寄生(きせい)した典型的(てんけいてき)不在(ふざい)地主(じぬし)った。1926(ねん)大正(たいしょう)15)、富良野は(ふらの  )
大凶作(だいきょうさく)()()われた小作人(こさくにん)(おお)かった富良野(ふらの)でも、凶作(きょうさく)(とし)小作料(こさくりょう)減免(げんめん)されるのが
普通(ふつう)だったが、磯野(いその)小作人(こさくにん)
減免(げんめん)要求(ようきゅう)をはねのけた。収穫(しゅうかく)(うしな)われた(うえ)(たか)()小作(こさく )()(りょう)
(おさ)めれば()べていくことができない
小作人(こさくにん)(たち)は、小作料(こさくりょう)延納(えんのう)減免(げんめん)要求(ようきゅう)し、地主(じぬし)
のいる小樽(おたる)28(めい)からなる争議団(そうぎだん)結成(けっせい)して()()直接(ちょくせつ)磯野(いその)(うった)える(きょ)()
 小作人(  こさくにん)農地(のうち)遠征(えんせい)するなど異例(いれい)のことであり、小樽(おたる)市内(しない)はもとより全国(ぜんこく)反響(はんきょう)()
んだ争議(そうぎ)であったが、労働(ろうどう)組合(くみあい)
援護(えんご)もあり、40日間(にちかん)(およ)闘争(とうそう)(すえ)勝利(しょうり)した。

この争議(そうぎ)は、(おも)小作料(こさくりょう)負担(ふたん)をはねのけ、小作農(こさくのう)生産者(せいさんしゃ)としての権利(けんり)意識(いしき)()()
(みじ)生活(せいかつ)改善(かいぜん)()()ろうという、まさに生活権(せいかつけん)(もと)めるたたかいであった。また
北海道
(ほっかいどう)
農民(のうみん)運動(うんどう)史上(しじょう)(はじ)めて農民(のうみん)労働者(ろうどうしゃ)提携(ていけい)した闘争(とうそう)であった(てん)においても画期的(かっきてき)
であった。

(

【『民衆が語る 富良野100年のあゆみ』第2章 第5節 磯野農場小作争議/『富良野市開庁100年記念
    富良野市―北の国から発信するヘソ文化』第2部 闘志の時代 ―不在地主― を参考に構成】


 情報館へもどる

   isono-noujou_01.JPG
 ※闘争に勝利し争議団を解散したときの写真。この争議団の中心に、後にベベルイ川改修工事の総括責任者として
  たび重なる氾濫に困窮する流域の農民を救済し、また富良野地区外1ヶ村の軌道客土期成会を結成して1,653ha
  の道営軌道客土事業を完工に導くこととなる、当時23才の青年奥野善造がいた。(2列目右から2人め)

 【『民衆が語る 富良野100年のあゆみ』より】


   

カテゴリー

page top