インフルエンザの予防について

インフルエンザの予防について

インフルエンザとは

一般的に、風邪は様々なウイルスによって起こりますが、普通の風邪の多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳等の症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。
一方、インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛、全身倦怠感等の症状が比較的急速に現れるのが特徴です。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳等の症状も見られます。お子様ではまれに急性脳症を、御高齢の方や免疫力の低下している方では肺炎を伴う等、重症になることがあります。

インフルエンザ対策について

インフルエンザ対策の全容については、「今冬のインフルエンザ総合対策について(厚生労働省へのリンク)」をご覧ください。

インフルエンザの予防対策

社会福祉施設等での集団感染予防について

このページに関するお問い合わせ
北海道上川保健所 健康推進課 健康支援係
電話番号:0166-46-5992

カテゴリー

お問い合わせ

上川総合振興局保健環境部保健行政室(上川保健所)企画総務課

〒079-8610旭川市永山6条19丁目1番1号上川合同庁舎

電話:
0166-46-5979
Fax:
0166-46-5262

page top