たばこ対策

たばこ対策

北海道上川保健所からの「たばこ対策」に係るお知らせです。

それぞれのテーマに関連するホームページと併せてご覧下さい。

健康増進法の一部が改正(令和2年(2020年)4月1日全面施行)

平成30年(2018年)7月に健康増進法の一部を改正する法律が成立し、「望まない受動喫煙を防止」するための取り組みは、マナーからルールへと変わりました。

ポイントは次の4点です。

  • 多くの施設が完全屋内禁煙に
  • 喫煙可能な場所に、20歳未満の立入禁止
  • 屋内での喫煙には、喫煙室の設置が必要
  • 喫煙室には標識掲示が義務づけに

北海道受動喫煙防止条例が施行(令和2年(2020年)4月1日施行)

この条例は、受動喫煙の防止に関し、基本理念を定め、道、道民等、事業者及び関係団体の責務を明らかにするとともに、道の施策の基本となる事項及び受動喫煙を防止するための措置を定めることにより、受動喫煙防止対策を総合的かつ計画的に推進し、道民の健康の増進を図ることを目的としています。

(参考)

 たばこの種類(一般的にたばこと言われていますが、様々な種類があります)

  • 「紙巻きたばこ」:細かく刻んで乾燥させた葉たばこを紙で細長く巻き上げたタイプ
  • 「加熱式たばこ」:たばこ葉を燃焼させずに、葉の部分に電気を使い加熱して発生させた蒸気を愉しむタイプ
  • 「電子たばこ」:たばこ葉を一切使用せず装置内若しくは専用カートリッジ内の液体(リキッド)を電気加熱させ発生する蒸気を愉しむタイプ                                                   等々

受動喫煙   

 副流煙(たばこの先からでる煙)には、主流煙(たばこの吸い口から出る煙)による有害物質が数倍も含まれています。この副流煙を自分の意志とは関係なく吸い込んでしまうことをいいます。  

サードハンドスモーク(三次喫煙) 

  たばこの火が消された後も、衣類や室内、自動車のソファやカーペット、カーテン等の表面に残留した煙の成分から生じたニコチンや化学物質を吸入することをいいます。

世界禁煙デー(5月31日)、禁煙週間(5月31日から6月6日まで)

世界保健機構(WHO)において、たばこを吸わないことが一般的な社会習慣となることを目指し、平成元年(1989年)に毎年5月31日を「世界禁煙デー」と定めました。また、厚生労働省において、平成4年(1992年)から毎年「世界禁煙デー」に始まる1週間(5月31日から6月6日)を「禁煙週間」と定め、各種の施策を講じています。

禁煙を考えている方へ

禁煙は自力のみでも可能ですが、喫煙専門外来のある医療機関や禁煙相談にのってくれる薬局等を利用しながら行うこともできます。

また、一定の要件を満たすと禁煙治療に健康保険等を適用することができる場合があります。禁煙専門外来のある道内の医療機関は、「北海道医療機能情報システム」から地域等条件を設定し検索することができます。

道立保健所が実施しているたばこ対策に係る取り組み

事業に対するお申込及びお問合せ等は、その市町村を所管している保健所にご連絡願います。

北海道上川保健所管内は、鷹栖町・東神楽町・当麻町・比布町・愛別町・上川町・東川町・美瑛町・幌加内町の9町です。

たばこに関する相談窓口

保健所への来所や電話等によるたばこに関する相談を受け付けています。

禁煙支援

必要に応じて、町、事業所、団体、医療機関(医師会)及び学校等と連携を図りながら、面接・電話等による個別の支援や講習会、研修会等に係る事業を実施します。

未成年者喫煙防止講座

未成年者の喫煙防止対策を円滑に進めるため、小中学校・高等学校等からの依頼に応じ喫煙防止講座を実施しています。講座の対象は、児童・生徒、教職員及び児童・生徒の保護者等となっています。

北海道のきれいな空気の施設登録事業

受動喫煙防止対策を推進するため、多数の方が利用する施設において、禁煙が適正に実施されている施設として、各施設の所在地を所管している保健所に登録していただく事業です。

 

たばこに関する情報について(上記以外の関係機関へのリンク)

  

このページに関するお問い合わせ
〒079-8610 北海道旭川市永山6条19丁目1-1
北海道上川保健所企画総務課企画係
電話番号:0166-46-5988
FAX番号:0166-46-5262

カテゴリー

お問い合わせ

上川総合振興局保健環境部保健行政室(上川保健所)企画総務課

〒079-8610旭川市永山6条19丁目1番1号上川合同庁舎

電話:
0166-46-5979
Fax:
0166-46-5262

page top