家畜人工授精師の免許の取得申請について

北海道では、次により家畜人工授精師の免許の許可申請を受け付けています。

手続き概要等

概要

家畜人工授精師になろうとする者は、知事の免許を受けなければなりません。
なお、原則として家畜人工授精師または獣医師でなければ、家畜人工授精や家畜人工受精卵移植を行うことができません。

根拠法令のリンク

例外規定

申請書類等

申請書類

「家畜人工授精師免許申請書」 1部

添付書類

  1. 「戸籍謄本」、「戸籍抄本」、「本籍の記載のある住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」のうち1種類 1部
  2. 「修業試験に合格した証明書の写し」 1部
  3. 「医師の診断書」 1部
  4. 「誓約書」 1部

申請手数料

北海道収入証紙 2,220円(令和3年4月1日現在)

*申請書に貼付して添付してください。

申請書等の様式

*以下、参考様式*

提出方法等

提出方法

提出先に持参又は郵送となります。

提出先

居住地が上川総合振興局管内の場合は下記の「このページに関するお問い合わせ」の連絡先へ

お問い合わせ先

居住地が上川総合振興局管内の場合は下記の「このページに関するお問い合わせ」の連絡先へ

カテゴリー

農務課のカテゴリ

page top